独立して成功するためには!?

独立するための3つの条件

美容院は今はかなりの成長産業になっています。一部の地域では発展し尽くしており、下り坂になっている所もあります。自宅の半径1キロ以内に美容院は至る所にあるのではないでしょうか。では、そんな競争の激しい美容院で成功するために必要な事はなんでしょうか。
美容師で独立して失敗する人の傾向として、職人的な腕はあるので独立してみた物の、うまくいかなかったという例があります。これはどうしてでしょうか。その理由は、独立するために必要な物のうち1つしか満たしていないからです。独立して成功をするためには、マネージャー的な話役割と会計がしっかりしていることが大事なのです。会計は専門家に任せればいいとして、マネージャー的な役割が必要になるのです。

場所を精査してみよう

美容院は開店をしようと思ったところの半径1キロ以内に3軒以上美容院がある場合は、できるだけ避けた方がいいでしょう。そこで競争が勃発してしまうからです。ただ、ある程度都会で、美容院が全くないところは数少ないでしょう。
そこで、半径1キロ以内に2軒ぐらいの美容院がある場所なら開設しても問題ないでしょう。そのためには実地調査をする必要があります。また美容院の数だけでなく、どのような美容院が流行っているのかの調査も必要です。美容院の客層はさまざまですが、地域によっては年配の女性向けの所もあれば、若い女性向けのところもあります。周辺の住宅を見て、どのような人が住んでいる傾向があるかを調べることも大事です。半径1キロ以内を調べれば十分でしょう。