国家試験合格の秘訣は!?

国家試験を受けるためには資格が必要です

美容師や理容師として職に就くためには国家資格が必要です。国家資格は受ける前に、資格を得ておく必要があります。
美容系の専門学校が沢山ありますが、美容師や理容師の国家試験を受けるためには厚生労働省指定の養成学校を卒業する必要があるのです。美容系の専門学校では、国家試験の合格をも苦行にカリキュラムが組まれています。学科だけでなく実技や実習もあるので、専門学校での勉強は大変でしょう。通学するタイプの専門学校には昼間部と夜間部がありますが、通いやすい方を選ぶことが大切です。
国家試験は年二回開催されていますが、美容専門学校に通っている場合は二月実施の試験を受験します。試験は学科と実技があり、どちらも合格する必要があるので大変です。

通信教育でも卒業できる

専門学校には、昼間部と夜間部の他に通信教育が用意されています。通信教育では卒業までの年数が通う場合と異なりますが、国家試験を受けるための資格を取得することが可能です。
通信教育では、昼間別の仕事をしながら美容師を目指している人など様々な人がいます。昼間、美容師を目指しながら美容室で働きながら通信教育を利用する人もいる程です。通信教育は年に二回募集されており、昼間仕事をしている人でも受けることができます。美容系の通信教育では、スクリーニングと呼ばれる面接授業受けなくてはいけません。スクリーニングは昼間部と夜間部の授業が夏休みの間に行われます。
課題とスクリーニングの成績から、通信教育の卒業が判断されるので昼間部や夜間部と同様にしっかりとした勉強が必要です。